綾瀬稲荷神社

スポンサーリンク

マーカーは綾瀬稲荷神社です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図の五兵衛新田右の「卍」上に綾瀬稲荷神社があります。

綾瀬稲荷神社
[綾瀬稲荷神社は足立区綾瀬にある稲荷神社です。綾瀬稲荷神社の創建年代は不詳ですが、五兵衛新田の鎮守社であったといい、明治7年(1874)に五兵衛神社と、昭和42年(1967)年に綾瀬稲荷神社と改称したといいます。
●「ブックレット足立風土記綾瀬地区」による綾瀬稲荷神社の由緒
綾瀬稲荷神社(綾瀬4−9)
江戸時代から五兵衛新田の鎮守で、稲荷社と呼ばれていました。1874(明治7)年に五兵衛神社と改称しました。戦後、周囲の新住居表示が「綾瀬」となったことから1967(昭和42)年に現名称に改称されました。創建は1614(慶長19)年といわれます。祭神は宇迦之御魂命です。(「ブックレット足立風土記綾瀬地区」より)
新編武蔵風土記稿による綾瀬稲荷神社の由緒
(五兵衛新田)稲荷社
村の鎮守なり、観音寺
末社。天神社。(新編武蔵風土記稿より)  (「綾瀬稲荷神社|足立区綾瀬の神社 – 猫の足あと」より)]

綾瀬稲荷神社 – Google Map 画像リンク」、「富士浅間神社(綾瀬稲荷富士塚) – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が綾瀬稲荷神社参道です。

スポンサーリンク