薬師寺

スポンサーリンク

マーカーは薬師寺です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、中央左方向・綾瀬川右で水戸街道上の伊藤谷に薬師寺があります。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、伊藤谷下に薬師寺が描かれています。

薬師寺
[真言宗豊山派寺院の薬師寺は、宝珠山普門院と号します。薬師寺は、常陸国那珂郡根本村の根本佐右衛門が先祖伝来の不動明王を背負い、諸国遍歴の途次、この地に錫を止め賢明と共に一寺を建て、不動明王を本尊として不動院を開き、賢明法師が寛永9年(1632)開山したといいます。水戸光圀が江戸参府の折に眼の痛みを治したとの言い伝えがあります。
●足立区教育委員会掲示による薬師寺の縁起
真言宗豊山派宝珠山普門院薬師寺と号す。 創建は寛永9年(1632)、開山は賢明法師と伝えられる。常陸国水戸在の根本村の佐右衛門が、先祖伝来の不動明王を背負い、諸国遍歴の途次、この地に錫を止め賢明と共に一寺を建て、不動明王を本尊として不動院を開き、仏道に精進した。のち、当地にあった薬師如来を安置する仏堂を付属堂とし、近隣に同名の寺院あるともって薬師寺と改称した。
元禄元年(1688)9月8日没の助左衛門の位牌を代々供養しているが、この裏面に田畠9反3畝を寄附したことを誌してある。この田畠が寺の維持に寄与すること大きなものがあった。
薬師堂の薬師如来は眼疾に効験があり、水戸光圀江戸参府の折、眼の痛みを治したと伝えている。堂の正面上部の「医王堂」の扁額は千住の接骨医、名倉氏初代の書である。また、堂内には絵馬が多数ある。
弘法大師霊場荒川辺八十八ヶ所霊場第52番、荒綾八十八ヶ所霊場第19番、弘法大師二十一ヶ所霊場第15番の札所である。
また境内から出土した文正2年(1467)銘阿弥陀三尊板碑を保存している。(足立区教育委員会掲示より)
新編武蔵風土記稿による薬師寺の縁起
(伊藤谷村)薬師寺
新義真言宗、本木村吉祥院門徒、寳珠山普門院と號す、本尊不動を安ず。
薬師堂。恵心の作れる薬師を安せり。(新編武蔵風土記稿より)  (「薬師寺|足立区綾瀬にある真言宗豊山派寺院 – 猫の足あと」より)]

薬師寺ホームページ

薬師寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が薬師寺山門です。

スポンサーリンク