西之宮稲荷神社

マーカーは西之宮稲荷神社です。

西之宮稲荷神社
[稲荷神社(いなりじんじゃ)は、東京都足立区足立にある神社である。旧称「西之宮」、通称「西之宮稲荷神社」。天正2年鎮座。弥五郎新田の地域に三つの神社があったが、明治3年に「東の宮」を合祀大正元年には「稲荷神社」を合祀し、地域の総鎮守となる。
歴史
●1574年(天正2年) 鎮座 社号は西之宮
●1870年-1871年(明治3年) 東の宮を合祀
●1912年(大正元年) 稲荷神社を合祀し西之宮稲荷神社となる
●1920年(大正9年) 富士塚築造
●2000年(平成12年 現在の社殿が完成  (wikipedia・稲荷神社_(足立区足立)より)]

[祭神は、宇迦之御魂命(ウカノミタマノミコト)・須佐之男命(スサノオノミコト)です。江戸時代後期までには、この地域に東之宮、本田之宮、西之宮の3つの稲荷神社と1つの氷川神社があったといいます。西之宮は、明治時代初めの記録では、村の中心地である本田の稲荷神社の付属神社となっています。その後、本田之宮が荒川放水路河川敷として買収されたため、大正元年(1912年)に西之宮に合祀され、この地域の総鎮守となりました。境内には、富士塚(足立区指定文化財)もあります。
画像リンク画像リンク画像リンク  (「足立区観光ネット – 西ノ宮稲荷神社」より)]

西之宮稲荷神社ホームページ

西之宮稲荷神社 – Google Map 画像リンク
 
カメラ北北東方向が西之宮稲荷神社です。

西之宮稲荷神社拝殿前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*