西井堀(巽橋)跡

マーカーは西井堀(巽橋)跡です。

関連トップページ – 上下之割用水

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図中央に西井堀が流れています。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、総武本線と西井堀がクロスする交点から上方向左側二筋目の水路分岐点近くが巽橋となると思います。

西井堀(巽橋)跡
[平和橋通り蔵前橋通りの交差点としてよく知られている巽橋ですが、よくこの名前の由来についてご質問を頂くことがあります。「巽」というのは東南の方角をさします。江戸深川の芸者衆を巽(辰巳)芸者と呼ぶのも「江戸の東南の芸者」ということですが、では新小岩の巽橋はなにを中心にして「巽」なのでしょうか。
新小岩地区の「伺う会」では、この疑問に明快に答えてくださった方がいました。明治 2 年(1869)成立した小菅県の県庁が置かれた小菅御殿(現在は小菅拘置所の敷地になっている)から見た方角を言っているのだそうです。
小菅県は明治 4 年に品川県とともに東京府に合併した短い間存在した県です。その小菅県を地域の中心と考える見方が現在もおなじみの橋の名前で残っているというたいへん興味深いお話でした。  (「葛飾区史編さんだより Vol.1」より)]

[「葛飾区史編さんだより Vol.1」の話は不自然で、明治以前には巽橋は存在せず、「今昔マップ on the web」で巽橋が表示されるのは「1944~1954年」地図からで、小菅県を懐かしがって命名したということなんだろうか?]

カメラ南西方向に巽橋の高欄が残されています。