足立区立郷土博物館

マーカーは足立区立郷土博物館です。

足立区立郷土博物館
[足立区立郷土博物館は、東京都足立区の歴史、生活文化、美術に関する資料を収集保管するとともに、展示等による事業活動を実施している博物館。昭和61年(1986年)11月の開館。年に一度の特別展と数回の企画展を開催するほか、住民の団体が登録しており研究・展示・事業の各分野で、博物館とともに活動している。代表的な団体は足立区郷土芸能保存会、足立史談会など。平成21年(2009年)3月に常設展示内容を一新してリニューアルオープンした。新しい展示テーマは「江戸東京の東郊」。
一般的な足立区内の古文書、民具などを収蔵しているが、全国的に知られる資料も次の通り収蔵、公開している。
江戸絵画コレクション – 江戸後期から明治初期の江戸絵画コレクションを集める。江戸後期のやまと絵師・建部巣兆、千住の琳派として知られる村越其栄村越向栄親子などの作品を収蔵している。
浮世絵コレクション – もとの松方三郎コレクションを中心に約1300点の作品をあつめている[2]。
●地口絵紙コレクション – 地口絵紙とは地口(一種の駄洒落)と滑稽な絵で構成される絵で行灯にして飾る(地口行灯)。この博物館では現在、東京で製作される地口絵紙をコレクションしており、博物館発行のカタログで都内の地口絵紙の作品が一覧できる。
●綾瀬金子家文書 – 慶応4年3月13日から4月1日に設営された新選組の五兵衛新田屯所に関する古文書。寄託資料。
下山事件資料 – 昭和24年7月5日に発生した下山事件に関する同時代資料である。平成19年(2007年)に刊行された柴田哲孝「完全版 下山事件 最後の証言」(祥伝社文庫)に同資料の位置づけが行われている。
足立区立郷土博物館・wikipedia-photo  (wikipedia・足立区立郷土博物館より)]

カメラ西方向が足立区立郷土博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*