長円寺

マーカーは長円寺です。

長円寺
[新義真言宗の長円寺は、月松山照光院と号します。長円寺は、出羽湯殿山行者雲海が寛永4年(1627)当地に庵を結び、後に賢俊が開山したといいます。荒川辺八十八ヶ所霊場47番札所、荒綾八十八ヶ所霊場62番札所です。  (「猫のあしあと – 長円寺」より)]

[JR北千住駅の北、徒歩5分。寺の縁起によれば、寛永4年(1627年)出羽湯殿山の行者雲海がこの地に庵を結んだのに始まるとされる。子育て地蔵や目やみ地蔵、魚籃観音大理石の石塊乳泉石が有名で、江戸時代には女性の参詣が多いことで知られた。境内には子福稲荷があり、現在でも子福成就の御利益があるといわれ、子どもの成長を願って参詣する人が多い。年始にはお神酒の振る舞いが行われる。  (「東京ガイド – 長円寺」より)]

[寛永4年(1627年)に創建されました。徳川家9代将軍家重の時代に栄えたといわれています。ご神体は、石造漁籃観音立像です。扁額「月松山」は、寺子屋群雀堂三代目校主の正木健の書になります。正木健は、群雀堂を通して地域の文化史・教育史に足跡を残しました。
画像リンク画像リンク画像リンク  (「足立観光ネット – 長円寺」より)]

長円寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が長円寺山門です。

長円寺本殿前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*