青戸平和公園(非核平和祈念塔・原爆犠牲者慰霊碑)

スポンサーリンク

マーカーは非核平和祈念塔です。

青戸平和公園
[青戸平和公園
 葛飾区のほぼ中央に位置する青戸平和公園には、非核平和のシンボルとなる祈念塔が設置されています。
 公園中央にある非核平和祈念塔の前面には、被爆の証人とも言うべき貴重な遺品が、非核平和都市宣言文をはめ込んだ献花台を挟んで設置されています。
 また、その左側には、千羽鶴を献架するための献架台があり、一羽一羽に平和への願いを込めて作られた千羽鶴が献架されています。
非核平和祈念塔
 この塔は、恒久平和の使徒である鳩を手にした女性像(高さ2.4m)を、原爆のキノコ雲をイメージした御影石製の台石の上に配したもので、塔全体の高さは7.4mにも及びます。公園のほぼ中央の噴水池に囲まれ、非核平和を願う区民のシンボルとして、そびえ建っています。
御幸橋の縁石
 昭和20年8月6日、原爆の投下された広島市中心部にいた被災者の多くは、猛火から逃れるため、市内を流れる京橋川に架かる御幸(みゆき)橋を目標に集まりました。御幸橋は爆心地から南南東へ約2.2km。この橋から、負傷者はトラックや軍の舟艇で、さらに南の海軍宇品船舶練習部あるいは似島(にのしま)へと運ばれていきました。被爆者にとって御幸橋は、「生きる」ために逃げるひとつの目標として、また生と死を分けた境界線として、今も心に深く刻み込まれています。この惨状を見届けた被爆の証人ともいえる御幸橋が老朽化のため架け替えられることになり、これを知った葛飾原爆被爆者の会(葛友会)が、「なんとか橋の一部だけでも保存して後世に残したい」と広島市に申し出て、橋の縁石3個を譲り受け、区にその活用を託したものです。
焼け焦げた門柱のレンガ
 この被爆したレンガは、長崎市内の爆心地から約190m南で、商店街を一歩入った民家の門柱の一部に使われていたもので、赤茶色のレンガ10個が爆発のすさまじい熱によってひとかたまりになっており、ところどころ黒く焼けただれています。このレンガも、葛飾原爆被爆者の会(葛友会)が長崎市から譲り受け、区にその活用を託したものです。
千羽鶴の献架台
 この献架台は、区にお持ちいただいた千羽鶴を献架するためのもので、たくさんの千羽鶴が献架されています。色とりどりの千羽鶴には区民の皆様の平和への願いが込められており、非核平和祈念塔とともに、非核平和を願う区民のシンボルとなっています。
 毎年8月初旬には、非核平和都市宣言区として区民の皆様とともに非核平和への祈りをささげるため、テクノプラザかつしかにて「非核平和祈念のつどい」を開催しており、その中で千羽鶴の献架も行っています。  (「青戸平和公園について~願いの象徴的空間に~|葛飾区公式サイト」より)]

[原爆犠牲者慰霊碑の移転決まる 葛飾区青戸平和公園内に
2012年の「追悼のつどい」は除幕式と合わせ10月に
 2012年秋、原爆犠牲者慰霊碑を葛飾区青戸平和公園に移設することが決まりました。東友会は1961年から50年間、「東京都原爆犠牲者慰霊祭」を毎年開いてきましたが、2012年から公立公園での式典となるため「原爆犠牲者追悼のつどい」の名称で開催します。
 東海寺境内にある慰霊碑は、8月6日、9日や旧盆の時期にお参りする遺族があることから、8月半ばすぎから移設工事をはじめ、10月に完了する予定です。東友会は、10月7日(日)午後に2012年度の追悼のつどいを慰霊碑の除幕式とともに開催する予定です。
 移設先の青戸平和公園は、京成・青砥駅から徒歩8分にある葛飾区立公園です。公園の中心には噴水の中に「非核平和祈念搭」が、区民の非核平和を願うシンボルとしてそびえ、葛飾・葛友会が区に寄贈した広島で被爆した御幸橋の縁石と長崎で被爆した煉瓦も置かれています。  (「「東友」の記事から 原爆犠牲者慰霊碑の移転決まる 葛飾区青戸平和公園」より)]

青戸平和公園 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が原爆犠牲者慰霊碑です。

カメラ西北西方向が非核平和祈念塔で、塔右前に御幸橋の縁石があり、カメラ南方向に千羽鶴の献架台があります。

スポンサーリンク