どぜう鍋「川松」

マーカーはどぜう鍋「川松」です。

どぜう鍋
[ドジョウを「どぜう」と表記するようになったのは、駒形どぜうの初代当主“越後屋助七”の発案であるというのが定説である。ドジョウは泥鰌、鰌と書き、旧かなづかいでは「どぢやう」あるいは「どじやう」が正しいが、四文字では縁起が悪く、三枚ののれんに書けないという理由から、発音の近い「どぜう」の文字を使用したとされている。駒形どぜうは享和元年(1801年頃)の創業で、「どぜう」の表記は文化3年(1806年)から用いるようになった。老舗の名店がこの表記を採用したことから、幕末近くには江戸の町中でも定着し、他店も「どぜう」を看板として用いるようになった。なお、字面は「どぜう」であっても発音はあくまでも「どじょう」である。
形態
●丸鍋 – ドジョウを開かず丸ごと調理した鍋。
生きたドジョウを酒に入れてすぐ蓋をする。最初は大変に暴れるが、やがておとなしくなったところで小さな薄い鉄鍋に並べる。甘辛い割下を注ぎ、炭火で煮込む。ネギを大量に載せ、山椒や七味唐辛子をかけて食べる。「丸鍋」(あるいは単に「まる」)と呼ばれるもので東京下町の名物。文化元年(1804年)に浅草駒形で越後屋が創始したとされる。
●ぬき鍋 – 丸鍋とは違い、ドジョウを背開きにしてゴボウと一緒に調理した鍋で、文政年間に江戸で誕生した料理とされるが、その起源については、南伝馬町の萬屋説と本所石原の石井説の二説がある。「ぬき鍋」は単に「抜き」あるいは「裂き」とも呼ばれる。
●柳川鍋 – 詳細は「柳川鍋」を参照
開いたドジョウを割下で煮込んだものを、ゴボウと共に卵とじにしたもの。  (wikipedia・どぜう鍋より)]

川松
[江戸の安政年間以前より居を構える、老舗の川魚料理専門店。店主が買い付ける良質なうなぎどじょうは絶品。こだわりのどじょうは、丸ごと煮て食べる昔スタイル。  (「町工場のカケラをあつめて – 特集 京急蒲田駅」より)]

[調べると, 糀谷にもどじょう料理があるらしく, 糀谷とか歩いたことないから, 予定変更! で糀谷へ!
問題のどじょう料理店を, おいで通りのほとんど終点に発見. 11時. 早く着き過ぎた… 開店が 11時半 だから. しかし怪しい. 本当に怪しい. 何せボロい. 本当にやってんのか.
11時半, 問題のどじょう料理屋に.
めっちゃ雰囲気出てる! いい!
飲み物はお酒, 松竹梅, 常温. ジャンク感がたまらん!
それと突き出しとして豆腐! 最高かよ… これが東京の休日よ…!
そして柳川鍋!
どじょう! ぷりっとした身, ゴツっとした骨の食感に, ほんのり白身らしい匂い (気にならない程度の生くささ) がすごくいい! たくさん入ってるんだね.
たまごの閉じ, 甘辛いスープ. 何から何まで最高だ. 食べたことのない味! 薄味のどじょうと, 濃口な汁のハーモニー!
柳川鍋は本来は「開き」なんだけど, ここでは「丸」での提供. つまり, ここでしか食べられない味わい!  (「東京の郷土料理! どじょう料理を食った: 1 年半ぶりに東京へ行った話 (5)」より)]

うなぎ どじょう 川松 – 糀谷/うなぎ [食べログ]

カメラ東南東方向がどぜう鍋「川松」です。