天保九年銘題目供養塔

スポンサーリンク

マーカーは天保九年銘題目供養塔です。

天保九年銘題目供養塔
[天保九年銘題目供養塔<品川区指定文化財・民族第23号>(鎧町協力会所有)
天保九年(1838)、池上道と稲毛道の分岐点に建てられた道標。
(池上道は1282年に創建された池上本門寺に向かう道)
・本来の位置からは移動している。
江戸時代の交通史を知る上で貴重な資料。
境内に据えられている供養塔は、元々はゼームス坂からの池上道と稲毛道の追分に建てられていたが、その後この地区の開発により、転々と場所を変えられ、昭和50年ごろ元の位置に近い現在地に落ち着いた。正面に「南無妙法蓮華経」と刻み、左側面に「左池上道本門寺マテ一里」「右稲毛道中延マテ十八町千束マテ廿五町」、裏面に「天保九年戊戌二月十一日」と刻む。三河屋利兵衛ら8名のほか北品川講中、日本橋講中の名も見え、本門寺の講中が道中功徳のため建立したもの。(東京の地名の由来より引用)  (「しながわ観光協会(東京都品川区) – 天保九年銘題目供養塔と清護稲荷」より)]

天保九年銘題目供養塔 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向に天保九年銘題目供養塔があります。

2009年の画像で、この場所に清護稲荷神社があった。

スポンサーリンク