天保二年銘道標

マーカーは天保二年銘道標です。

天保二年銘道標
[<品川区指定文化財・史跡第15号>
天保2年(1831)に、下中延村の題目講中の人々によって建てられたもの。
・高さ95センチメートル、一辺が約25センチメートルの角柱型。風化が著しいが、四面にそれぞれ、「左品川道」「南いけかみミち」「せんそくおくさハ道」「北めくろみち」という文字が読みとれる。十字路にあって四方の行き先を示す道標は、江戸時代後期の典型的な形である。それぞれの行き先の表示から見て、原位置とほば同じ場所にあると推定される。
東海道を南品川宿で分かれて大井を通り、千束中原街道に合流する道と、中原街道を平塚橋で分かれて馬込を通り、新井宿で池上道と結ぶ道の交差点にあった。  (「しながわ観光協会(東京都品川区) – 天保二年銘道標」より)]

品川古道 天保二年道標 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向、電柱左に天保二年銘道標があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*