念仏供養道標(元禄八年銘道標・西大井)

スポンサーリンク

マーカーは念仏供養道標(西大井)です。

念仏供養道標(元禄八年銘道標・西大井)
[<品川区指定文化財・史跡第18号>
元禄8年(1695)に、品川用水に石橋を架けた大井村の寂証を中心とする58名の念仏講中が、石橋の無事と通行者の安全を願って造立したと思われる高さ1m18㎝の道標。道標の区内最古のもの。
・正面に「南無阿弥陀佛」の6字各号を、両側面に「従是池上本門寺道」「従是奥澤九品佛道」と行先を示す文字を刻んでいる。
・この道は、東海道中原街道を結ぶ道の途中にあり、池上本門寺九品仏方面に到る分岐点に建てられた。  (「しながわ観光協会(東京都品川区) – 念仏供養道標(西大井)」より)]

元禄八年銘道標 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が念仏供養道標(西大井)です。

スポンサーリンク