旧中原街道供養塔群

マーカーは旧中原街道供養塔群です。

旧中原街道供養塔群
[民家の間に隠れるように四基の供養塔が大切に保存されています。
・中央の石造地蔵菩薩は1.9mに及ぶ大きなもので建立は江戸中期と推定される。
・この地蔵菩薩の台座には大井・上蛇窪・下蛇窪・馬込・千束・碑文谷・上中延・下中延・小山・目黒・桐ヶ谷・谷山・上大崎・下大崎・居木橋・三ッ木・戸越の17ヵ村の名が連ねられ、庶民の信仰の広がりを知る上で貴重なものです。
<品川区指定文化財・民俗第19号>
元文元年(1736)造立の舟型半肉彫りの馬頭観音菩薩立像
延享3年(1746)造立の地蔵菩薩立像
・同時期に造立と思われる1.9mの石造地蔵菩薩立像
貞享年間(1684~88)に造立の聖観世音菩薩立像(石造墓碑)  (「しながわ観光協会(東京都品川区) – 旧中原街道供養塔群(1)」より)]

旧中原街道供養塔群 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が旧中原街道供養塔群祠です。