歴史物語 六郷用水と呑川

スポンサーリンク

マーカーは「歴史物語 六郷用水と呑川」案内板です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図では「下池上」の右方向が六郷用水と呑川です。

歴史物語 六郷用水と呑川
[六郷用水北堀は、南北引き分けから東進してくると呑川に突き当たります。そこで呑川を横断させ、新井宿(現在の中央一帯)方面へ流すため、「八寸」(はっすん)と呼ばれる堰が設けられました。
この堰で分流された流れは、北上して旧池上道の山下橋(現存しない)をくぐり、養源寺橋の上流に設けられた呑川と一旦合流しました。ここは、少し下流に設けられた堰によって、呑川からの水量を確保し分流された分水路の跡です。]

地図子、呑川を歩く -2/2 開渠地点から旧呑川河口まで

カメラ東北東方向が「歴史物語 六郷用水と呑川」案内板です。

スポンサーリンク