玉川弁財天

スポンサーリンク

マーカーは玉川弁財天です。

玉川弁財天
[玉川弁財天と水神社は、大田区羽田多摩川岸からほど近くにある神社です。宗教法人としては水神社が登録されていますが、玉川弁財天として著名です。玉川弁財天の創建年代は不詳ですが、古くより弁天社として祀られ、弘法大師(空海)が護摩の灰を固めて自ら制作した神体があり、龍王院が別当寺となっていたといい上の宮と称したといいます。一方要島(羽田空港の地)の新田開発に伴い、下の宮として弁天社が創建、祀られていました。昭和20年9月連合軍の強制立退命令により、下の宮(現玉川弁財天)を水神社のあった当地に遷し、現在に至るといいます。羽田七福いなりめぐりの一社です。  (「猫のあしあと」より)]

玉川弁財天 – Google Map 画像リンク」、「水神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向・堤防下が玉川弁財天です。

羽田弁才天社資料リンク
江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・羽田弁才天社

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「羽田弁才天社」(4-80)、「要嶋弁財天社解説・右ページ中程より」(4-81)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*