鈴ヶ森刑場跡

スポンサーリンク

マーカーは鈴ヶ森刑場跡です。

鈴ヶ森刑場跡
[鈴ヶ森刑場(すずがもりけいじょう)は、東京都品川区南大井にかつて存在した刑場。江戸時代には、江戸の北の入口(日光街道)に設置されていた小塚原刑場、西の入口(甲州街道)沿いに設置されていた八王子市の大和田刑場(または中仙道の入口の板橋刑場とする説もある)とともに、江戸3大刑場といわれた。元々この付近は海岸線の近くにあった1本の老松にちなんで「一本松」と呼ばれていたが、この近くにある鈴ヶ森八幡(現磐井神社)の社に鈴石(振ったりすると音がする酸化鉄の一種)があったため、いつの頃からか「鈴ヶ森」と呼ばれるようになったという。最初の処刑者は江戸時代の反乱事件慶安の変の首謀者のひとり丸橋忠弥であるとされている。反乱は密告によって未然に防がれ、忠弥は町奉行によって寝込みを襲われた際に死んだが、改めて磔刑にされた。その後も、平井権八天一坊八百屋お七、白木屋お駒といった人物がここで処刑された。
「鈴ヶ森刑場。大森海岸駅から第一京浜を北上すると看板が立っている。」・wikipedia-photo  (wikipedia・鈴ヶ森刑場より)]

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・鈴の森

鈴ヶ森処刑遺跡 – Google Map 画像リンク」、「鈴ヶ森刑場跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が鈴ヶ森刑場跡です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*