「都旧跡 浅野長政隠棲の地」碑

マーカーは「都旧跡 浅野長政隠棲の地」碑です。

浅野長政 隠棲の跡
[白糸台五丁目に位置する、五奉行筆頭としても辣腕を振るった浅野長政の屋敷跡。長政は、秀吉の死の翌年である慶長4年9月に前田利長大野治長等と共に徳川家康暗殺を企んだとして罪状をデッチあげられ、長男の幸長に家督を譲って、府中在住の旧家臣平田家の屋敷へ隠居した。但し、翌9月の関ヶ原合戦では東軍に組したため、罪を許され、家康に近侍するようになり、慶長11年には紀伊国和歌山370000石の幸長の所領とは別に常陸国真壁50000石を隠居料として与えられている。その地は、府中白糸台幼稚園となっている。  (wikipedia・白糸台より)]

あるむぜおNo.99 (PDF 1.7MB) – 公益財団法人府中文化振興財団

浅野長政が東京・府中で謹慎していました(2008年10月19日) ( その他 …

浅野長政屋敷跡 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が浅野長政 隠棲の跡地に建つ府中白糸台幼稚園で、幼稚園のグランド側園舎前に「都旧跡 浅野長政隠棲の地」碑が建っています。