一橋大学兼松講堂

マーカーは一橋大学兼松講堂です。

一橋大学兼松講堂
[文化財分類種別 – 国登録有形文化財 建造物
所在地 – 国立市中2-1一橋大学
公開状況 – 大学構内は原則として関係者以外立ち入ることができません。
所有者・管理者 – 国立大学法人一橋大学
登録日 – 平成12年9月26日
概要
建設年:昭和2(1927)年
構造、形式及び大きさ:鉄筋コンクリート造2階建、建築面積1471平方メートル
大正12(1923)年の関東大震災によって神田一ツ橋から移転をした東京商科大学が、国立に移転した際のシンボル的建造物です。
神戸の名士、兼松房治郎の13回忌を機に、寄付で建設されました。
鉄筋コンクリート造2階建、外装スクラッチタイル張り、腰石張りで、正面妻面に校章を掲げています。
伊東忠太による設計のロマネスク風建築物として知られています。  (「国登録文化財(6)/国立市ホームページ – 一橋大学兼松講堂」より)]

一橋大学兼松講堂 – Google Map 画像リンク

一橋大学兼松講堂前のストリートビューです。