三鷹の水車「しんぐるま」

マーカーは三鷹の水車「しんぐるま」です。

三鷹の水車「しんぐるま」
[三鷹市には、大沢の里水車経営農家に、通称新車(しんぐるま)と呼ばれる、日本でも有数の水車があります。しんぐるまは野川沿いに位置し、その機構の素晴らしさと文化財的価値の高さから、東京都から「武蔵野(野川流域)の水車経営農家」として有形民俗文化財の指定を受けており、さらに、日本機械学会からは「旧峯岸水車場」として機械遺産の認定を受けています。
しんぐるまは、江戸時代文化5(1808)年頃に創設され、昭和43(1968)年頃に野川の改修によって水流が変わるまでの160年間、回り続けていました。野川の改修工事によって水車の稼働は停止しましたが、八代目当主の峯岸清さんが水車全体を大切に保存してこられたため、現在も、複雑な機構を持つ水車装置全体が良好な状態で保存されています。  (「三鷹の水車「しんぐるま」 – 三鷹市」より)]

三鷹の水車「しんぐるま」 – Google Map 画像リンク」、「三鷹市 大沢の里水車経営農家 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向に三鷹の水車「しんぐるま」があります。


Mitaka – Nogawa Watermill / 三鷹 野川の水車