下練馬の大山道道標

マーカーは下練馬の大山道道標です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年で見ると、下練馬の大山道道標のある場所は、「田柄川」上のT字路になります。

下練馬の大山道道標
[大山(おおやま)は、神奈川県の中部にある山で、富士山日光山筑波山などとともに古くから関東霊場ととして知られ、山頂に大権現がまつられています。この大山への道は、大山道(おおやまみち)と呼ばれ、石神井保谷田無府中を経て神奈川県の伊勢原へ通じていました。現在の富士街道環八通りを含む)がこれにあたります。 この道標は、高さ約1.5メートルの石造物で、環八通りの工事が始まる前は旧川越街道下練馬村中によって建てられたもので、正面に「従是大山道(これよりおおやまみち)」と願主名(がんしゅめい)が刻まれています。また右側面には講名、左側面には年記(ねんき)とともに、「ふじ山道 田なしへ三里 府中江(え)五里」の文字が彫られています。
 上部の不動明王像はのちに制作されたものと考えられます。
 大山道道標(おおやまどうどうひょう)の左にある角柱石造物は、東高野山と称されている長命寺高野台3丁目)への道しるべで、「左東高野山道」と刻まれています。この道標は環八通りの工事により、一時北町児童遊園に仮置きしていましたが、平成20年6月に元の位置から8メートルほど西側である現在の場所に設置しました。元は、江戸方面から来る人のため、東南東の向きに置かれていましたが、現在は見学しやすいよう向きを変えています。  平成3年度区登録・平成5年度区指定  (「練馬区ホームページ – 下練馬の大山道道標 (しもねりまのおおやまみちどうひょう)」より)]

下練馬の大山道道標 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が下練馬の大山道道標で、その右に案内板があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*