八成所在道標付石造物(井草2丁目24番6号)

マーカーは八成所在道標付石造物(井草2丁目24番6号)です。

八成所在道標付石造物(井草2丁目24番6号)
[民間信仰石塔
堂内の石塔は、寛保元年(1741)銘の庚申塔寛政5年(1793)銘の念仏供養塔です。
 これらは、この辺りが武州多摩郡下井草村字八成(はちなり)といわれた頃、地域の人々によって悪疫退散・村内安全を祈願して建立されたものといわれています。
 庚申信仰は、「60日に一度廻ってくる庚申の夜には身を慎しみ、徹夜をする」という中国に道教説が日本に伝わり、仏教と神道の信仰を習合して庶民の間にひろまったもので、江戸時代には、青面金剛(しょうめんこんごう)を本尊として、不見(みざる)、不聞(きかざる)、不言(いわざる)の三猿(さんえん)が彫られた庚申塔の建立が盛んになりました。
 念仏信仰は「南無阿弥陀仏」と唱え、阿弥陀仏を信じれば浄土に導かれるという信仰で、念仏供養塔も各所に多く建立されています。
 石塔の側面にはそれぞれ、庚申塔には「右 たなか道」「左 志やくじ道」、念仏供養塔には」「右 新高野へのミち」「左 中野へのミち」等と彫られており、近隣の田中村、石神井村、中野村などへの道標の役割も果たしていました。
 八成地域は中野~阿佐ヶ谷~石神井~保谷~所沢を結ぶ所沢道の道筋にあたり、この場所は、かっての所沢道と府内十七番札所東高野山長命寺(現練馬区)への巡礼道の交差点で、往来の人も多く、近くには茶屋もありました。
 なお、堂外にも正面に道標を刻んだ石塔があります。
 道標銘付の石塔群としては、区内でも珍しく、八成と呼ばれていた当時の往来の姿を示す貴重な資料です。
     平成20年3月31日    杉並区教育委員会 (「井草庚申塔・供養塔」画像より – 画像取得先「各地の庚申塔(杉並区-17)」)]

八成所在道標付石造物の詳細

民間信仰石塔 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が八成所在道標付石造物です。(杉並区井草2丁目24番6号)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*