享保七年銘道標付庚申塔

マーカーは享保七年銘道標付庚申塔です。

享保七年銘道標付庚申塔
[この庚申塔は、道標付庚申塔として、区内で最も古く、享保7年(1722)に造立されたものです。
 庚申信仰は、「長生きするためには庚申の夜は身を慎しみ、諸善を行い、徹夜をすべきである」という中国の道教説から始まったようです。それが日本に伝わってからは、中世以降仏教神道の信仰と習合して庶民の間にひろまりました。
 江戸時代には、ここに見られるような青面金剛本尊として邪鬼を踏まえ、不見、不聞、不言の三猿、二鶏等が彫られるようになり、石塔を造立し、悪疫退散、村内安全等の祈願を行うことが盛んになりました。
 この庚申塔は、道標として側面に、「これよりみぎいのかしらミち」・「これよりひだりふちうミち」と刻まれ、かつては、井の頭弁財天信仰者の道しるべとなっていたように思われます。
 また、この庚申塔は、当初からこの分岐に造立され、願主名も列記されており、近世における久我山の歴史や交通路を知るうえで、一つの重要な資料といえます。
 以上のことから、この庚申塔は、杉並区有形文化財として登録されました。
 今後とも、私たちもこのような文化財を、一層大切に守りつづけたいものです。
   昭和61年1月  (「95 享保七年銘道標付庚申塔 【信仰】(久我山5丁目9番)|杉並 … 」より)]

杉並区登録文化財 有形文化財 – 享保七年銘道標付庚申塔の詳細

道標付庚申塔 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向・道路二股の突端に享保七年銘道標付庚申塔があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*