伊藤単朴墓

スポンサーリンク

マーカーは伊藤単朴墓です。

伊藤単朴墓
[文化財分類種別 – 都指定文化財・旧跡
所在地 – 国立市青柳3丁目26-34
所有者・管理者 – 個人
指定日 – 昭和19年3月
概要
伊藤単朴(本名・半右衛門)は、延宝8(1680)年江戸石町に生まれ、宝暦8(1758)年当地で他界した江戸時代の談義作者です。
その半生を青柳で過ごし、文筆活動に取り組みました。単朴は生涯に、『教訓雑長持』、『里俗教談・銭湯新話』、『教訓差出口』、『不断用心記』などの書物を著しました。その作風は教訓的な内容で、民衆教化のために貢献したと言われています。  (「都指定文化財(3)/国立市ホームページ – 伊藤単朴墓」より)]

伊藤単朴の墓 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向に伊藤単朴墓があります。

スポンサーリンク