伝鎌倉街道

マーカーは伝鎌倉街道です。

武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 – 国分寺市」案内マップ

伝鎌倉街道
[鎌倉時代幕府所在地である鎌倉と各地を結ぶ主要道路の1つで、周辺諸国の武士団や物資を運ぶ重要幹線道路でした。
現在の「鎌倉街道」の名は、近世になって使用されたもので、鎌倉当時は武蔵国内を通過する主要道路は上の道、中の道、下の道と呼称されてい ました。鎌倉以前の幹線道路である東山道武蔵路と道筋の重なる「上の道」が、現在の鎌倉街道にあたります。鎌倉から町田府中を経て、国分寺市内の武蔵国分尼寺跡西側-泉町交差点付近-小平を通り、上野群馬県)、信濃長野県)方面にのびています。市立歴史公園(武蔵国分尼寺跡)の北側にある国分寺崖線を切り通した約120メートルの道が「鎌倉上道」の名残といわれて保存されています。  (「伝鎌倉街道【市重要史跡】|国分寺市」より)]

国分寺しの鎌倉街道上道3

伝鎌倉街道 – Google Map 画像リンク

カメラ北向が伝鎌倉街道です。

カメラ南向が伝鎌倉街道です。