八幡大神社

マーカーは八幡大神社です。

八幡大神社
[八幡大神社(はちまんだいじんじゃ)は東京都三鷹市にある神社。別名、三鷹八幡大神社とも言われている。三鷹通り連雀通りの交差点に面して鎮座している。杵築大社の兼務社である。
御祭神:応神天皇
歴史
明暦3年(1657年) – 明暦の大火の後、神田連雀町の一部の住民が替え地として当地を与えられる。新田を開発することとなり、連雀新田と名付けられる。
寛文4年(1664年) – 名主松井治兵衛と村の年寄・組頭らは、連署で神社と寺の創建について幕府に誓願。老中松平伊豆守と寺社奉行は代官に検地を命じ、社地1万坪と寺地2万坪を除地として寺社の建立を許可。築地本願寺より松之坊を迎える。後に松之坊は退転し、黄檗宗禅林寺が開かれている。
明治6年(1873年) – 神仏分離によって独立、村社に列される。
●現代 – 例祭に渡御する2基の神輿のうち、二之宮神輿の屋根の鳳凰の目が、1994年版のギネスブックに日本一のダイヤモンドとして掲載された。
八幡大神社参道・wikipedia-photo、拝殿・wikipedia-photo  (wikipedia・八幡大神社_(三鷹市)より)]

八幡大神社(三鷹市)への参拝と御朱印 – 神社と御朱印を巡る男の旅

三鷹八幡大神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が八幡大神社参道です。

八幡大神社拝殿前のカメラです。