八成橋跡

スポンサーリンク

マーカーは八成橋跡です。

八成橋跡
[所沢道
 所沢道は、八成橋で杉並区から練馬区へ入ります。禅定院の門前で向きを西に変え、道場寺三宝寺を通って、富士街道[道しるべ地蔵尊(ふじ大山道・所沢道)]を斜断した後、南大泉を経て保谷市に入り、所沢へと通じています。概ね今の「早稲田通り」です。
 『新編武蔵風土記稿』では、この道のことを単に「所沢へノ道」と記してあり、はっきり「所沢道」と書かれたのは『石神井村誌』(大正四年)が初めてのようです。
 関東大震災後、都市計画により名称が「昭和通り」となり、大部分の区間で拡幅工事が行われましたが、禅定院から石神井小学校の間には、今も所々に旧い道が残っています。
 八成橋には谷原長命寺への道標(「右長命寺道」道標)があります。江戸の文人、太田南畝が『石神井三宝寺遊記』で歩んだ道でもあり、大泉石神井から、江戸方面への産業の道であったと共に、江戸からの参詣・行楽の道でもありました。
昭和五十九年三月
練馬区教育委員会  (「所沢道 – Monumento(モニュメント)」より)]

カメラ位置は千川通り/旧早稲田通り交差点(八成橋交差点)で、カメラ北北西方向に八成橋がありました。

スポンサーリンク