古書・花鳥風月

マーカーは古書・花鳥風月です。

古書・花鳥風月
[西荻出身の友人と歩いていて、古書・花鳥風月の前を通りました。「ここって、いいわよねえ」「いいわよねえ」ということで、ふたりの意見はぴったり一致。
おそらく…「いいわよねえ」の本の中身は微妙にずれていたかもしれないけれど、多岐にわたっての品ぞろえが、本当にいい古書店なのです。
先日、ここに立ち寄ったとき、私は自分の東京旅について考えているところでした。だから、「花鳥風月」の店内に入った時も、変化しつつある自分の感覚にぴったりする本があるかもしれない! という期待感で、いろいろな雑誌をさがしました。雑誌「東京人」の東京特集もすごいなと思いつつ、さらに、あれこれ手に取って見ていました。しかし、店の中では見つけることができず、もう一度外のワゴンに行ってみることにしました。
そうして外の100円ワゴンで出あったのが五木寛之の「百の旅 千の旅」です。「ぼくはこんな旅をしてきた」の章の中に「一歩を踏み出したら、すでに旅だ。目をあげて周囲を眺める人間は、すでに旅人である。」とありました。
「ああ、この本との出あいを予知していたんだ!」と思って、うれしくなりました。  (「kachiyoufuugetsu – Bookstores – 西荻北4丁目3-2, 善福寺, Suginami …」より)]

カメラ北東方向が古書・花鳥風月です。