古書 靖文堂

マーカーは古書 靖文堂です。

古書 靖文堂
[風が段々と強く冷たくなる夕方、の赤堤に流れ着く。フラフラと世田谷線の線路伝いに豪徳寺まで出て、今日はご婦人が店番の「靖文堂書店」(2011/09/06参照)をリラックスして楽しむ。中央通路棚の入口側と奥側棚脇に、新たな新書&文庫棚が設置され、店内がこの期に及んで微妙に進化していることを知る。色々掴みながら奥のボックス文庫棚とにらめっこしていると、ひょぉう!博文館 世界探偵小説全集21「オルチイ集/上塚貞雄譯」が三百円で売られているのを発見。大事に掌中に包み込み、帳場にて精算する。講談社「街の赤ずきんたち/大石真 絵・鈴木義治」教養文庫「日本の宿/宮本常一」とともに計700円で購入。  (「4/14靖文堂でオルチイ夫人を。: 古本屋ツアー・イン・ジャパン」より)]

10/9東京・豪徳寺 驚愕の二店!: 古本屋ツアー・イン・ジャパン

カメラ東南東方向が古書 靖文堂です。