和菓子司「花門(はなと)」

マーカーは和菓子司「花門(はなと)」です。

和菓子司「花門(はなと)」
[平成10年度の全国菓子大博覧会で名誉総裁賞(技術部門)を受賞した「もなか 花一輪」をはじめ「多摩のかよい路」、「羽衣」といった、地域性を活かしたネーミングと職人の純な心意気こめられる純粋な和菓子。
立川市長賞、全国菓子博金賞、全国菓子博会長賞など、数多くの賞を受賞している。
和菓子専門店「和菓子司 花門」は、JR立川駅から南武線で川崎方面へひと駅の西国立駅から徒歩1分。
活気あふれる羽衣商店街に移転して今年で16年目(記事掲載日2003.04.15)を迎えた坂口敏夫さんのお店です。
和菓子の販売専門だった先代の父親のお店を受け継いだ坂口さんが「自分で和菓子を作りたい!」と一念発起。
「研究熱心で人一倍の努力家です」と奥さまの和江さんも認めるがんばりと奥さまの支えもあって、30歳を過ぎてから職人の下で修行する下積みからの出発でした。
坂口さんが「和菓子のいのち」という餡には、和菓子の本場・石川県能登地方の契約農家から仕入れる大粒の小豆をつかい、四季のうつろいや季節の味覚を絶妙に取り入れながら、見た目の美しさも問われる典雅な和菓子を日々作りつづけています。  (「和菓子司 花門(はなと) | 多摩てばこネット ~東京・立川発 街と街、人と」より)]

花門 – 西国立/和菓子 [食べログ]

カメラ東北東方向が和菓子司「花門(はなと)」です。