地蔵坂

スポンサーリンク

マーカーは地蔵坂坂上です。

地蔵坂
[この坂道は、別名「御立場坂」「寺分坂」とも呼ばれていますが、一般的には地蔵坂と呼ばれています。名称の由来としては、かって坂の途中に地蔵堂があり、地蔵菩薩庚申塔馬頭観音などが祀られていたことにあるようです。
いつ頃から地蔵坂とよばれていたかは不明ですが、舟形を呈した享保17年(1732)銘の地蔵菩薩があることから、江戸時代中期以降と考えられます。また、地蔵菩薩は北を向いていたところから、「北向地蔵」とも呼ばれていたそうです。他には、貞享2年(1685)銘、宝永2年銘(1705)銘、正徳6年(1716)銘の庚申塔、文政7年(1824)銘の馬頭観音などがありました。
この馬頭観音には、「東江戸・西ふちう」と彫られており道標の役目をしていたようですが、近代になってからは東多摩郡井荻村豊島郡石神井村北多摩郡吉祥寺村の3郡の境に立てられていたため、「三郡境の馬頭様」と呼ばれていました。
現在では、観泉寺今川二丁目18番)に安置されています。
また、地蔵坂交差点に近い台地の先端部付近は地蔵坂遺跡と呼ばれ、昭和56年に実施した発掘調査では、旧石器時代(約18,000年前)のナイフ形石器やスクレーバー(掻器)など多数の石器類と礫器(バーベーキューの跡)、縄文時代早期(約8,000年前)の土器や石器が多数出土しており、住居跡や炉穴(屋外炉)も検出されています。特に、荻窪中学校の校庭から発掘された井草期の住居址は、区内で初めて発見されたもので、考古学的にも大変貴重な資料です。
平成元年3月  (「119 地蔵坂 【坂】(善福寺1丁目8番3号)|杉並区公式ホームページ」より)]

原寺分橋
[吉祥寺へと抜ける女子大通りが、橋上を走ります。橋手前の河床のコンクリートで固められた部分(画像リンク)は、自然湧水の湧出口の崩壊を護るためのものです。  (「善福寺川 原寺分橋」より)]

カメラ位置は地蔵坂上(地蔵坂交差点)で、カメラ東方向が地蔵坂です。

カメラ北方向に地蔵坂案内板が設置されています。

カメラ位置は善福寺川に架かる原寺分橋で、坂下になります。原寺分橋下流に原寺分橋下の湧水があります。

スポンサーリンク