天沼熊野神社

スポンサーリンク

マーカーは天沼熊野神社です。

天沼熊野神社
[天沼熊野神社(あまぬまくまのじんじゃ)は、東京都杉並区天沼にある神社。
当神社は、社伝によれば神護景雲2年(768年)に東海道巡察使武蔵国に来たときに、氏神勧請別当を置いたのがはじまりと伝えられている。また別の説では、元弘3年(1333年)に新田義貞北条高時を討つために鎌倉へ軍を進める途中、当地に布陣し、社殿を創設したとも伝えられている。その後、応永2年(1395年)に当地に帰農した朝倉三河守という武将が社殿を修理し、その際後当神社は「十二社権現」と称するようになったといわれている。別当寺世尊院であった。明治期以降、熊野神社と称するようになった。 境内には、直径2mにも及ぶ大杉の切株がある。これは社伝によれば、この大杉は新田義貞がこの地に陣をしいた際、戦勝を祈願して手植えしたものと伝えられている。近隣の古老達はこの杉を『心願成就の杉』などと呼び大切にしてきたが、昭和17年(1942年)に枯死したため伐採され、今では切り株のみが残っている。  (wikipedia・天沼熊野神社より)]

天沼熊野神社ホームページ

天沼熊野神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が天沼熊野神社参道です。

天沼熊野神社拝殿前のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*