妙光院

マーカーは妙光院です。

妙光院
[真言宗豊山派寺院の妙光院は、本覚山真如寺と号します。妙光院は、真如法親王貞観元年(859年)に開山江戸時代には末寺門徒二十数ヵ寺を擁し、江戸幕府より寺領15石の御朱印状を拝領していたといいます。多摩八十八ヶ所霊場23番札所です。  (「猫のあしあと – 妙光院」より)]

[歴史は古く、貞観元年(859)眞如法親王の開山と伝えられています。真言宗の名刹で、京都仁和寺の門末に属し、末寺が二十八寺があり、当地の真言宗道場でした。戦国時代には八王子城主の北条氏照帰依し、氏照から寺に宛てられた2通の礼状も残っています。また徳川家康からは御朱印地15石を寄進されるなど、時の有力者の信仰あつい寺であったようです。寺の北側には境外仏堂として金比羅堂がまつられています。都の重宝に指定されている「金銅蓮華形磬(けい)が保存されています。{磬)とは、寺院内で読経の間に打つ楽器で、これは南北朝時代のものと言われています。  (「妙光院 | ぶらり国・府」より)]

各地の庚申塔(府中市-2) ( 歴史 ) – TATSU**のブログ(東京都+川崎市 …

妙光院資料リンク
江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「明光院(妙光院) 安養寺」(10-12)[図会中央に明光院(妙光院)が描かれています。]、「本覚山妙光院解説-1・左ページ中程から」(10-11)、「本覚山妙光院解説-2・右ページ中程まで」(10-13)

妙光院 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が妙光院山門です。

妙光院本堂前のカメラです。