妙正寺

マーカーは妙正寺です。

妙正寺
[妙正寺(みょうしょうじ)は、東京都杉並区清水にある日蓮宗の寺院である。山号は法光山(ほうこうさん)。近隣にある妙正寺池(妙正寺公園)やそこを水源とする妙正寺川は当寺院が名の由来となっている。旧本山は中山法華経寺。達師法縁。
当寺院は、文和元年(1352年)に下総国(現在の千葉県)の中山法華経寺第3世・日祐上人によって妙正寺池のほとりに堂を建て、法華経守護である天照大神八幡大神春日大社など三十番神勧進し奉ったのが始まりであるといわれている。正保3年(1646年)に社殿を再建し、その三年後の慶安2年1649年に徳川三代将軍・徳川家光鷹狩りの際に立ち寄ったのをきっかけに葵の紋幕と朱印地・五石を賜り御朱印寺として有名になった。本堂天保元年(1830年)に焼失したがその後の天保3年(1832年)に再建し、昭和6年(1931年)に改築され現在に至っている。本堂には本尊のほか安産に霊験ある鬼子母神像(かつて江戸城大奥にあったもの)やかつて妙正寺池の弁天島(池に浮かぶ小島)にあった弁財天が祀られている。
本因坊知伯の墓…本因坊知伯は江戸時代の囲碁棋士。後に6世本因坊となった。1983年に杉並区指定史跡文化財になる。
山門・wikipedia-photo  (wikipedia・妙正寺_(杉並区)より)]

日蓮宗 法光山妙正寺|杉並区 永代供養| – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が妙正寺山門です。

カメラ北方向が妙正寺本堂で、カメラ西方向が西門です。

妙正寺本堂前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*