寛政六年地蔵

マーカーは寛政六年地蔵です。

[寛政六年地蔵
      高さ八十二cm
この地蔵は、右手に錫杖(しゃくじょう)、左手に宝珠(ほうじゅ)を持った石造の立像で、寛政六年(一七九四)に小金井村下山谷(現緑町)の念仏講中四十六名、願主の清水右衛門、鴨下佐吾兵衛によって建てられました。
 念仏講は、極楽往生を願って南無阿弥陀仏を唱えながら百萬遍の数珠繰(じゅずぐ)りなどをする信仰で、下山谷地域では享保年間(一七一六〜一七三六)から盛んになり、平成元年(一九八九)まで行われていました。
 台座に「右 ふちう 大山みち」と道標が刻まれており、地蔵の前の道が田無方面から府中、さらに相模大山石尊大権現(阿夫利神社)に通じ、大山道と呼ばれていたことがわかります。
 平成八年二月二十八日
          小金井市教育委員会]

寛政六年地蔵 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が寛政六年地蔵です。