寳晃院

スポンサーリンク

マーカーは寳晃院です。

寳晃院
[寳晃院(ほうこういん)は東京都西東京市住吉町にある真言宗智山派の寺。山号は金輪山と号し、本尊には不動明王を祀る。宝晃院と記されることもある。 本山は練馬区石神井台三宝寺
如意輪寺寶樹院東禅寺と合わせて保谷四軒寺と呼ばれる(以前は当寺、如意輪寺、寶樹院、西光寺(現総持寺)だったが、西光寺移転後は東禅寺となる)。また、多摩八十八ヶ所霊場の三十六番札所である。
開基・開山等は不詳だが、俊快僧都(1647年(正保4年)入寂)を中興の祖としており、400年以上の歴史があると考えられる。
明治以前は上保谷村総鎮守の尉殿権現(現尉殿神社)、上保谷新田村の粟嶋明神(現阿波洲神社)、境村の杵築大社など六社の別当寺であった。また、江戸時代末期より寺小屋を開設していた。
山門(2016年4月10日撮影)・wikipedia-photo、寺標(2016年4月10日撮影)・wikipedia-photo、本堂(2016年4月10日撮影)・wikipedia-photo、水子地蔵菩薩立像(2016年4月10日撮影)・wikipedia-photo、地蔵菩薩坐像(2016年4月10日撮影)・wikipedia-photo  (wikipedia・寳晃院より)]

宝晃院 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が寳晃院山門です。

寳晃院本堂前のカメラです。

スポンサーリンク