常盤の清水

マーカーは常盤の清水です。

常盤の清水
[JR南武線谷保駅の南西,徒歩5分。谷保天満宮の境内の西端にある。このあたりは立川崖線や青柳崖線に位置するところで湧水が多く、この湧水もその中のひとつ。
 延宝年間(1673~1681)に谷保天満宮に詣でた僧がこの泉を見て、「とことはに湧ける泉のいやさやに 神の宮居の瑞垣となせり」と詠んだのが名前の起こりと伝えられている。天満宮の境内には弁天池があり、その水源にもなっている。
 小さくて浅い井戸のような感じだが、今なお水が湧いており、東京の名湧水57選に選ばれている。  (「PORTAL TOKYO 東京ガイド 国立市 常盤の清水」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「清水立場」(10-21)[左ページ中程に常盤清水解説]

鳥居 – Google Map 画像リンク」、「弁天池・あじさい苑 – Google Map 画像リンク」、「谷保厳島神社 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が常盤の清水で、南東方向に弁財天が祀られている。