府中宿

マーカーは脇本陣 田中三四郎家の跡の碑です。

府中宿・脇本陣跡
[府中宿(ふちゅうしゅく)は、甲州街道宿場町で、江戸から約7里半に位置し、武蔵国国府、武蔵総社大國魂神社が存在する「武蔵国の中心部」にあった。鎌倉街道甲州街道(現在の旧甲州街道)が交わる交通の要所には高札場があり、非常に栄えた宿場であった。天保14年において、宿高は約3000石、人口は約3000人、本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠29軒、銃帯人馬は25人25頭であった。商店142軒で飲食店をはじめ多肢に渡っており、近隣の消費経済の中心地であった。
脇本陣 田中三四郎家の跡「柏屋」 – 明治天皇府中行在所  (wikipedia・府中宿 (甲州街道)より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「府中 称名寺 弥勒寺 善明寺 高安寺」(9-44)、「府中駅舎解説・右ページ中程」(9-45)

明治天皇府中行在所跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向に脇本陣 田中三四郎家の跡「柏屋」 – 明治天皇府中行在所碑があります。