武蔵国分寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 – 国分寺市」案内マップ

    武蔵国分寺
    [武蔵国分寺(むさしこくぶんじ)は、東京都国分寺市にある真言宗豊山派の寺院。山号は医王山。院号は最勝院。本尊薬師如来
    奈良時代聖武天皇により日本各地に建立された国分寺のうち、武蔵国国分寺の後継寺院にあたる。創建当時の史跡については武蔵国分寺跡(サイトリンク・武蔵国分寺跡)を参照。
    『医王山国分寺縁起』によれば、武蔵国の国分寺は、元弘3年(1333年)の分倍河原の戦いで焼失し、建武2年(1335年)、新田義貞により薬師堂が再建されたという。その後衰退し、宝暦6年(1756年)頃に薬師堂が再建された。
    薬師堂は、建武2年(1335年)に新田義貞が旧国分寺の金堂跡に建てたことに始まると伝える。現在の建物は宝暦年間(1751年-1763年)の再建。安置する薬師如来坐像は国の重要文化財である。仁王門は宝暦年間(1751年-1763年)の建立で、入母屋造八脚門楼門米津寺東久留米市)の楼門を明治28年に移築したもの。これら薬師堂・仁王門・楼門は、市の文化財に指定されている。
    また境内には「万葉植物園」として、元国分寺住職が昭和25年-38年(1950 – 1963年)の間に万葉集に歌われた植物160種を集めて造った植物園がある。この植物園は市の天然記念物に指定されている。
    本堂・wikipedia-photo、薬師堂(市指定文化財)・wikipedia-photo、仁王門(市指定文化財)・wikipedia-photo、楼門(市指定文化財)・wikipedia-photo  (wikipedia・武蔵国分寺より)]

    武蔵国分寺楼門 – Google Map 画像リンク」、「武蔵国分寺 – Google Map 画像リンク」、「武蔵国分寺仁王門 – Google Map 画像リンク」、「国分寺薬師堂 – Google Map 画像リンク」、「武蔵国分寺跡資料館 – Google Map 画像リンク」、「国分寺万葉植物園 – Google Map 画像リンク」、「おたかの道湧水園 – Google Map 画像リンク

    カメラ位置武蔵国分寺参道前で、カメラ方向に武蔵国分寺の碑があります。

    武蔵国分寺楼門前のカメラです。

    武蔵国分寺本堂前のカメラです。

    カメラ北方向石段が薬師堂参道で、カメラ東北東方向が武蔵国分寺本堂参道です。

    武蔵国分寺薬師堂仁王門前のカメラです。

    武蔵国分寺薬師堂前のカメラです。

    資料リンク
    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・国分寺

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「国分寺」(9-32)、「医王山国分寺解説-1・左ページ中程より」(9-31)、「医王山国分寺仁王門解説-2」(9-34)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *