武蔵国分寺跡

マーカーは武蔵国分寺跡碑です。

武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 – 国分寺市」案内マップ

武蔵国分寺跡
[武蔵国分寺跡(むさしこくぶんじあと)は、東京都国分寺市西元町・東元町にある古代寺院跡。武蔵国分尼寺跡を含んで国の史跡に指定されている。
奈良時代聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、武蔵国国分寺・国分尼寺の寺院跡にあたる。
本史跡は、かつて武蔵国に置かれた国分寺および国分尼寺の跡地である。尼寺区域は調査が終わっており歴史公園として整備されている。一方僧寺区域は整備事業の一環で発掘調査中である。史跡指定範囲は時代が下るごとに広がり、現在は11haにおよんでいる(東山道武蔵路を含まず)。なお、推定される寺域は僧寺金堂を中心に東西1,500m、南北1,000mに範囲におよぶとみられる。国分寺崖線の南側すぐの位置にあり、かつては東山道武蔵路を挟む形で東側には武蔵国分寺、西側には武蔵国分尼寺が立地していた。現在は、両寺院の間を府中街道(埼玉県道・東京都道17号所沢府中線)とJR武蔵野線が横切っている。
史跡指定地内には、鎌倉時代末期の分倍河原の合戦の兵火で旧武蔵国分寺が焼失した後に、新田義貞の寄進によって再建された武蔵国分寺真言宗豊山派)も所在している。
国府(武蔵国府跡)から南北の道でつながっている。
武蔵国分寺跡
金堂跡 – 旧武蔵国分寺の創建は、8世紀半ばの750年代末から760年代初と推測されている。敷地は東西8町、南北5町半と推測され、諸国の国分寺のなかでも相当に大きい部類に属する(東大寺が最大で東西南北とも8町)。伽藍そのものは巨大と言えるほどの規模ではないが、それでも金堂正面は7間で幅36m強におよんでいる。金堂跡・wikipedia-photo
金堂 – 間口7間、奥行4間。
講堂 – 創建当初の間口5間、奥行4間を、後に金堂と同じ規模に改築した。
中門 – 間口3間、奥行2間。八脚門。中門跡から見る金堂跡・wikipedia-photo
七重塔
創建時の塔跡・wikipedia-photo、2004年(平成16年)に発見された第2の塔基壇(塔跡2)・wikipedia-photo  (wikipedia・武蔵国分寺跡より)]

Ⅱ.史跡武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡の概要 – 国分寺市

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・国分寺伽藍旧跡

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「国分寺伽藍旧跡」(9-33)、「仁王門旧跡解説」(9-34)、「国分寺碑解説」(9-35)

武蔵国分寺跡 – Google Map 画像リンク」、「鐘楼跡 – Google Map 画像リンク」、「講堂跡 – Google Map 画像リンク」、「中門跡 – Google Map 画像リンク」、「築地塀跡 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は武蔵国分寺跡(金堂)で、カメラ南方向丸太杭の南側に中門跡と築地塀跡があり、丸太杭左方向に武蔵国分寺跡の碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*