白山神社

マーカーは白山神社です。

白山神社
[白山神社(はくさんじんじゃ)は、東京都練馬区にある神社である。境内に三社稲荷神社と成田不動尊がある。
歴史
8世紀半ばごろ、武蔵国に乗潴駅が所在(10世紀初頭には消滅)し、その所在には練馬区練馬説と、杉並区天沼説がある。練馬区練馬説における、乗潴駅の所在地は、本神社付近であると推定されている。
平安時代 – 創建。
●1281年(弘安4年)- この年の板碑が、神社周辺から出土。当時、神社周辺に集落が発達していたと考えられている。
●1797年(寛政9年) – 境内の鳥居を建立。
●1806年(文化3年) – 水盤を造立。
●1818年(文政元年) – 狛犬を造立。
●1832年(天保3年) – 灯籠を造立。
●1882年(明治15年) – 神輿(台座:3尺5寸)を製造。
文化財
練馬白山神社の大ケヤキ
境内にあるケヤキの大木は国の天然記念物に指定されている。2本のケヤキとして有名だが、1本は枯れて2016年3月に撤去された。
白山神社囃子
練馬区登録無形民俗文化財(2004年(平成16年)登録)。大祭などで演奏される、相模流で中間(ちゅうま)の祭囃子で、江戸の里神楽の曲調を伝えている。元々は、毎年の例祭に奉納された神楽囃子であったが、太平洋戦争などで消滅。現在の保持団体である、白山神社囃子連が、1974年(昭和49年)に再興。付随芸能に寿獅子がある。
鳥居・wikipedia-photo

境内鳥居と拝殿・wikipedia-photo

拝殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・白山神社_(練馬区)より)]

練馬白山神社|練馬区練馬の神社 – 猫の足あと

練馬白山神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が白山神社参道です。

白山神社境内のカメラです。