総持寺

マーカーは総持寺です。

総持寺
[総持寺(そうじじ)は、東京都西東京市田無町三丁目にある、真言宗智山派の寺院。山号は田無山(たなしさん)。別名「田無不動尊」。
総持寺の創建年代は不詳だが、元和年間(1615年 – 1624年)、法印権大僧都俊栄和尚が、谷戸に法界山西光寺として創建、慶安年間(1648年 – 1651年)、現在地へ移転したと伝えられている。江戸時代(1603年 – 1868年)、尉殿権現社(現・田無神社)の別当寺を勤めていた。1875年(明治8年)、西光寺と近隣の密蔵院、観音寺の3寺が合併して創建し、田無山総持寺と改称した。
関東三十六不動尊霊場の第10番札所に数えられ、多摩八十八ヶ所霊場の第33番札所である。東京百景にも選ばれている。
西光寺(現・総持寺)本堂は、1840年(天保11年)、築後140~150年を経たため、本堂建て替え計画が持ち上がり、西光寺の住職恵亮や田無村名主下田半兵衛が中心となり準備が進められた。1850年(嘉永3年)、本堂は完成し、普請成就供養が行われた。その落成を紀念して、境内にケヤキほか数種の樹木を植栽し、その中の一樹が境内にある大ケヤキであると言い伝えられている。
参道の様子(2009年4月10日撮影)・wikipedia-photo、山門(2017年2月21日撮影)・wikipedia-photo、尉殿大権現 神号額(2009年7月17日撮影)・wikipedia-photo、広目天(2009年7月17日撮影)・wikipedia-photo、多門天(2009年7月17日撮影)・wikipedia-photo、山門より本堂を見る(2009年4月10日撮影)・wikipedia-photo、本堂(2017年2月21日撮影)・wikipedia-photo、本堂の軒(2009年7月17日撮影)・wikipedia-photo、本堂の彫り物(2009年7月17日撮影)・wikipedia-photowikipedia-photo、妙見堂(2017年2月21日撮影)・wikipedia-photo  (wikipedia・総持寺_(西東京市)より)]

總持寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が総持寺山門です。

総持寺山門内境内のカメラで、カメラ北北東方向が本堂です。