豊玉氷川神社

マーカーは豊玉氷川神社です。

豊玉氷川神社
[氷川神社(ひかわじんじゃ)は、東京都練馬区豊玉南二丁目にある神社。通称「中新井の氷川さま」。
文化財
氷川神社の旧拝殿 – 江戸時代後期の建造物。練馬区登録有形文化財(昭和63年(1988年)登録)。1928年(昭和3年)に現在地に移転し、改造して神楽殿とした。現在は、奉納された絵馬が納められ、額殿(がくでん)と呼ばれている。屋根は、母屋を切妻造とし、その四方に庇をふきおろして一つの屋根とした入母屋造で、鉄板吹き。
氷川神社の力石 – 参道脇の石碑の前に並べられた8つの石。練馬区登録有形民俗文化財(平成4年(1992年)登録)。楕円形の川原石。江戸時代後期から明治時代にかけて、関東地方の若者たちが力試しに使ったものと伝えられる。石には村名と重量が記され、五五貫(約200kg)と刻まれている石もある。
その他
●水盤 – 天明4年(1784年稲荷神社前)と文化13年(1816年 北野天満神社前)造立
●笠付庚申塔正徳元年(1711年)と同5年(1715年)造立
神輿 – 江戸時代末期造
豊玉氷川神社参道鳥居・wikipedia-photo

拝殿・wikipedia-photo

旧拝殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・氷川神社_(練馬区豊玉南)より)]

手水舎 – Google Map 画像リンク」、「豊玉氷川神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が豊玉氷川神社参道です。

豊玉氷川神社拝殿前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*