貫井の東高野山道道標

マーカーは貫井の東高野山道道標です。

貫井の東高野山道道標
[旧清戸道(きよとみち・所沢秩父道)から東高野山長命寺(ひがしこうやさんちょうめいじ・高野台3-10)方面へと向かう旧道の分岐点に建立された道標2基です。
 向かって左側は、寛政11年(1799)3月に再建された道標で、正面に「左 東高野山道」と刻まれています。
 右側は、同年4月に貫井村の関口藤助延義が発願人となり「都鄙講中(とひこうじゅう)」により建立された道標です。正面の上部には「東高野山」、下部には東野孝保の選・書により長命寺および道標の賛語が八字六句の漢文で刻まれています。向かって左側面には「左 高野山十八丁」、右側面には「右 所さハちゝぶ道」と刻まれています。漢文が刻まれる道標は珍しく、文化12年(1815)に村尾正靖(嘉陵(かりょう)、徳川御三卿(ごさんきょう)の一つ清水家の用人(ようにん))が長命寺を訪れた際に著した紀行文「谷原村長命寺道くさ」(『嘉陵紀行』所収)にも記されています。
 いずれも同じ年に東高野山長命寺への行き先を示すために建立された道標です。江戸時代後期における長命寺参詣や交通を考える上でも貴重なものです。  (「貫井の東高野山道道標(ぬくいのひがしこうやさんみちどうひょう):練馬区ホームページ」より)]

カメラ西方向に貫井の東高野山道道標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*