長命寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    長命寺
    [長命寺(ちょうめいじ)は、東京都練馬区高野台にある真言宗豊山派の寺院である。山号は東高野山。江戸時代から「東の高野山」として関東地方でも有数の霊場として広く人々から信仰を得ていた。
    当寺院は、慶長18年(1613年) に後北条氏の一族である増島重明(北条早雲のひ孫にあたる。のちに出家して慶算阿闍梨になる)によって弘法大師像を祀る庵を作ったのが始まりといわれている。その後重明の弟・増島重俊によって観音堂金堂などが整えられた。その後寛永17年(1640年) 奈良長谷寺の小池坊秀算により十一面観音像が作られ、「長命寺」の称号を得る。その後1648年に徳川三代将軍・徳川家光により朱印地を賜り、朱印寺として著名になった。当初は山号は秀算により谷原山と称したが、当寺院が高野山奥の院を模して多くの石仏・石塔が作られており、東高野山とも称されるようになり「東の高野山」として人々から信仰を得るようになった。金堂は幾度もの火災により焼失し、現在の金堂は明治37年(1904年) に再建されたものを昭和46年(1971年) に修復したもの。また観音堂も幾度か焼失の目に遭い、現在のは1979年に再建されたものである。また当寺院は寺院のある高野台の地名や最寄り駅である練馬高野台駅の名の由来にもなっている。
    史跡・施設
    ●南大門…当寺院の山門四天王像が安置されている。wikipedia-photo

    ●金堂…不動明王像などが安置されている。wikipedia-photo

    ●観音堂…本尊である十一面観音像が安置されている。現在の本尊の十一面観音像は当初ものではなく、後年の新たにつくられたもの。wikipedia-photo

    御影堂…奥の院にある。開基である増島重明によって祀られた弘法大師像が安置されている。普段は秘仏であるが、毎年4月21日に開帳される。開帳と同時期に境内では植木市と稚児行列が行われる。wikipedia-photo

    ●石仏・石塔…寺院の西部一帯に広がる高野山を模した奥の院にある石仏や石塔。1652年に徳川家光の一周忌を追悼してさまざまな石仏・石塔を安置したもの。現在でも多くの石仏・石塔が見られ、その数は練馬区最多にのぼる。1956年に東京都の指定文化財(史跡)となる。
    ●地蔵堂
    鐘楼…江戸初期のもの。wikipedia-photo

    ●姿見の井戸
      (wikipedia・長命寺_(練馬区)より)]

    都指定文化財:東高野山奥之院(ひがしこうやさんおくのいん)
    [長命寺は、江戸町奉行が支配した、品川大木戸四谷大木戸板橋千住本所深川から多くの方が参拝したという練馬区屈指の古刹です。境内には、梵鐘仁王門・東高野山奥之院など、多くの文化財が残っています。
     長命寺の梵鐘は、銅製で、総高115センチメートル、口径63.2センチメートル、縁厚6.3センチメートルと形状は細く、江戸時代初期のころに造られた鐘の特徴を示しています。銘文によれば作者は、江戸時代に多くの鐘を造った鋳物師として知られる矢沢次郎右衛門吉重で、慶安3年(1650年)に制作されました。区内では古い部類に入ります。本来、梵鐘は僧に集合を知らせる合図として鳴らしていました。のちに、時刻を知らせたり、大晦日除夜の鐘として使用したりするようになりました。画像リンク
     ※昭和61年度区登録・平成9年度区指定
     長命寺仁王門は、現在の南大門の脇にあります。かつては、一対の阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)金剛力士(仁王)を安置していました。屋根は、母屋切妻造とし、その四方にひさしをふきおろしてひとつの屋根とした入母屋造で、銅板ぶきです。建築当初は、土台が無く、地面の上に土台石を置き、そこに柱を建て、屋根はかやぶきでした。17世紀後半の建築様式を伝えており、区内現存の建造物では古い部類に入ります。特に、虹梁受肘木(こうりょううけひじき)、平三ツ斗(ひらみつど)の組物蟇股(かえるまた)の装飾が優れています。画像リンク
     ※平成元年度区登録・平成3年度区指定
     東高野山奥之院は、長命寺境内の北西部にある「霊場域」です。慶安5年(1652年)に紀州高野山和歌山県)の奥之院を模して完成しました。紀州高野山の奥之院同様、石塔が建てられ、霊場域への入口には御廟橋がかけられています。また、入口から奥之院までの「境域」とその周辺には、身代わり閻魔など数多くの石仏などが並んでいます。画像リンク
     ※昭和30年度都指定  (「練馬区ホームページ – 長命寺の梵鐘・仁王門・東高野山奥之院 (ちょうめいじのぼんしょう・におうもん・ひがしこうやさんおくのいん)」より)]

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「練間 長命寺」(13-29)、「谷原山長命密寺妙楽院解説-1・右ページ中程より」(13-30)、「谷原山長命密寺妙楽院解説-2・右ページ左端より3行目まで」(13-31) 
    練間 長命寺(拡大図)

    南大門 – Google Map 画像リンク」、「長命寺東門 – Google Map 画像リンク」、「長命寺十三佛 – Google Map 画像リンク」、「長命寺 – Google Map 画像リンク」、「長命寺観音堂 – Google Map 画像リンク」、「長命寺大師堂 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が長命寺山門(南大門)です。

    カメラ西方向が長命寺東参道です。

    長命寺山門(南大門)内のカメラで、カメラ北方向が本堂、参道右に鐘楼があります。また、カメラ東南東方向に仁王門があります。

    長命寺本堂前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *