奥沢神社

スポンサーリンク

マーカーは奥沢神社です。

奥沢神社
[東急目黒線奥沢駅の北、徒歩3分。室町時代世田谷城吉良氏の家臣大平氏が奥沢城を築く際に守護神として勧請したと伝えられる。現在の社殿は昭和45年(1970年)の建造で、室町時代の様式を取り入れており、特徴がある。神社の入り口にある鳥居には、しめ縄で作られた大蛇が巻き付けれていて人目を引く。江戸時代に奥沢に疫病が流行した際、村の名主の夢枕に八幡大神が現れ「藁で作った大蛇を村人がかつぎ、村内を巡行させるとよい」というお告げがあり、早速ワラで大蛇を作り村中をかついで巡行させると疫病が治まったという伝説がる。このため厄除けの大蛇として疫病退散を祈念する人が多い。毎年9月中旬には「大蛇お練り行事」が行われ、縄の大蛇が周辺を練り歩く。  (「東京ガイド – 奥沢神社」より)]

[奥澤神社は、世田谷区奥沢にある神社です。奥澤神社の創建年代は不詳ですが、世田谷城吉良氏の家臣、大平氏が奥沢城を築くにあたり、世田谷郷東部の守護として八幡社を勧請したと伝えられます。江戸時代中期に疫病が流行、以後厄除として藁で作った大蛇を携えて練り歩く行事が行われるようになり、現在も「奥沢神社の大蛇お練り行事」として続いています。江戸時代末期より奥澤神社の社寮で子弟を集め学問を教えるようになり、八幡小学校の礎石となったといいます。  (「猫のあしあと – 奥澤神社」より)]

奥澤神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が奥沢神社参道です。

奥沢神社例大祭・拝殿前のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*