弦巻庚申堂

スポンサーリンク

マーカーは弦巻庚申堂です。

弦巻庚申堂
[用賀道に少しだけ寄り道すると、すぐ左手に庚申塚があり(弦巻5‐19‐20)、お堂の中に安永2(1773)年の庚申供養塔(青面金剛像)が安置されています。このあたりはかつて供養塚と呼ばれた地域で、行き倒れた旅人を埋葬した塚にちなむ地名だといいますから、この庚申塚とも関係があるのかもしれません。  (「登戸道その1 – FC2」より)]

庚申堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向に弦巻庚申堂があります。

スポンサーリンク