弦巻橋(下ノ橋)跡

スポンサーリンク

マーカーは弦巻橋(下ノ橋)跡です。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図四つ切左上・「用賀」右下に品川用水に架かる橋・下ノ橋(弦巻橋と思われる)が描かれています。下ノ橋の上に中之橋、喜多見橋が描かれています。]

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図に品川用水の上から、喜多見橋、中之橋、下ノ橋(弦巻橋と思われる)が描かれています。

[昔、ここに品川用水が流れていました。この用水は、江戸時代の初め、玉川上水を分水して品川領戸越まで引いたものです。用賀村は、この用水に三カ所、橋をかけました。弦巻橋、中の橋北見橋です。  (「世田谷ふるさとめぐり(用賀・馬事公苑コース) – 用賀ネット – 25.北見橋跡(きたみばしあと)」より)]

カメラ位置付近が弦巻橋(下ノ橋)跡と思われます。

スポンサーリンク