松陰神社

スポンサーリンク

マーカーは松陰神社です。

松陰神社
[松陰神社(しょういんじんじゃ)とは、江戸時代末(幕末)の思想家・教育者である吉田松陰を祭神とする神社である。松陰の墓所がある東京都世田谷区と、松陰の生誕地である山口県萩市にある。どちらも、学問の神として崇敬を受ける。
東京都世田谷区若林に所在する。旧社格府社。また、付近には国士舘大学(世田谷キャンパス)や世田谷区役所がある。東急世田谷線松陰神社前駅下車。
鎮座地にはかつて長州藩主の別邸があった。松陰が安政の大獄で刑死した4年後の文久3年(1863年)、高杉晋作など松陰の門人によって小塚原回向院にあった松陰の墓が当地に改葬された。明治15年(1882年)11月21日、門下の人々によって墓の側に松陰を祀る神社が創建された。現在の社殿は昭和2年から3年にかけて造営されたものである。松陰の50年祭に際して寄進された26基の燈籠には伊藤博文木戸孝正山縣有朋桂太郎乃木希典井上馨青木周蔵などの名前が刻まれている。松下村塾を模造した建物、頼三樹三郎広沢真臣らの墓もある。また、桂太郎の墓所も近くにある。松陰らが眠る墓域は幕末時代、徳川勢により一度破壊されたが、慶応4年(明治元年)、木戸孝允がこれを修復整備した。墓域には現在も、木戸が寄進した鳥居が残っている。 敷地に隣接する形で桂太郎の墓もあるが、案内が不十分なこともあり、参拝者は少ない。桂自身の遺言により、この地に埋葬された。徳富蘆花の「謀反論」でも書かれているが谷を挟んだ向こう側には豪徳寺がある。豪徳寺は吉田を刑死させた安政の大獄を起こした井伊直弼の寺である。
御社殿・wikipdia-photo、松陰神社(東京)の吉田松陰像・wikipdia-photo  (wikipedia・松陰神社より)]

松陰神社ホームページ

一之鳥居 扁額 – Google Map 画像リンク」、「鳥居柱 – Google Map 画像リンク」、「神楽殿 – Google Map 画像リンク」、「手水舎 – Google Map 画像リンク」、「松陰神社 – Google Map 画像リンク

松陰神社のストリートビューです。

松陰神社拝殿前のストリートビューです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*