池尻庚申堂

スポンサーリンク

マーカーは池尻稲荷神社です。

大山道マップと史跡ガイド

池尻庚申堂
[池尻ではもうひとつ、池尻稲荷神社より少し戻る形になりますが、池尻2‐26と2‐21の間を左へ入って坂を上ると、池尻2‐23に池尻庚申堂があります。お堂の中に2体の庚申塔(1680年,1692年)があるほか、境内には地蔵尊、御幣をもつ猿の像があります(庚申堂内にもあり)。この庚申堂も常光庵を合併した八雲の常圓寺日蓮宗)に帰属し、毎年4月15日に同寺の住職により供養が行われているといいます。境内には「南無妙法蓮華経」の題目を刻んだ塚石があり、墓地が隣接しているので、もともと廃寺となった池尻祖師堂・常光庵とも関係があったのでしょう。  (「大山道(渋谷~三軒茶屋~用賀) – FC2」より)]

[東京都世田谷区池尻2-23-20 池尻庚申堂
大山街道沿い、池尻稲荷神社の角の道を入った場所にある。
境内には、猿の像が乗った塔がある。お堂の中には庚申塔が二基祀られている。
向かって左側の庚申塔 ◎板状駒型 日月 青面金剛像 三猿
右側に 「奉供養庚申武刕池尻村」 左側に 「元禄五壬申天十一月十五日」(1692) かろうじて読み取れる
向かって右側の庚申塔 ◎板碑型 青面金剛像 邪鬼 三猿
右側 「延宝八庚申年」(1680) 左側 「十一月吉日」  (「各地の庚申塔(世田谷区-24) ( 歴史 ) – TATSU**のブログ(東京都+川崎 …」より)]

大山街道みどころ 池尻庚申堂 – 風人社

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図四つ切右上・「池尻」と「池澤」の間に常光寺が描かれています。)

池尻庚申堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が池尻庚申堂です。

スポンサーリンク