用賀口道標跡

マーカーは用賀口道標跡です。

大山道マップ(A3版) (PDF形式 2,966キロバイト)

用賀口道標
[用賀口道標(弦巻5-16)
用賀方面への大山道登戸道との分岐点にあった道標。自然石の大きなもので、不動尊種字の下に大山道とあり、右登戸道と刻んであります。
延喜3年(1746年)に建てられたもので、原物は世田谷区立郷土資料館に移されています。  (「解説3【上町 (旧道) 用賀】 (PDF形式 1,513キロバイト)」より)]

[一般に登戸道は旧矢倉沢往還(大山道)・世田谷新宿の用賀口を起点としています。矢倉沢往還は世田谷代官屋敷のあるボロ市通り(世田谷上宿)を西に抜け、いったん世田谷通りを北側に越えて、すぐ左折して、再び世田谷通りと交差すると、そのまま南西に直進し、用賀へ向かいます。世田谷通りから分かれて、まもなく畳屋の前で右に道が分かれます。ここが世田谷宿のいわゆる用賀口。登戸道の分岐点です。ここにはケヤキの根元に延亨3(1746)年に建立され「右登戸道、左大山道」と刻まれた道標がありましたが、現在は代官屋敷内の郷土資料館に保存され、元の位置には代替碑が立っています((用賀口の追分と郷土資料館にある道標)画像リンク画像リンク)。

カメラ南南西方向ケヤキ左に用賀口道標の代替碑が立っています。