豪徳寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」(江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図中央左上・「世田谷」上方向、「古城山」左上に豪徳寺が描かれています。)

    豪徳寺
    [豪徳寺(ごうとくじ)は、東京都世田谷区豪徳寺二丁目にある曹洞宗の寺院。元は臨済宗。山号は大渓山(だいけいざん)。一説には招き猫発祥の地とされる。本寺付近は、中世の武蔵吉良氏が居館とし、天正18年(1590年)の小田原の役で廃城となった世田谷城の主要部だったとされる。文明12年(1480年)、世田谷城主吉良政忠が伯母で頼高の娘である弘徳院のために「弘徳院」と称する庵を結んだ。当初は臨済宗に属していたが、天正12年(1584年)曹洞宗に転じる。寛永10年(1633年)彦根藩井伊直孝井伊氏菩提寺として伽藍を創建し整備した。寺号は直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」による。
    文化財
    ●彦根藩主井伊家墓所(国の史跡)(https://goo.gl/maps/uWXCwgB1s312)〔清凉寺(滋賀県彦根市)・永源寺東近江市)の墓所と共に指定〕
      ●井伊直弼墓(東京都指定史跡)
    ●仏殿(世田谷区指定有形文化財)(https://goo.gl/maps/k9JkSvmYEn52):井伊直孝の娘・掃雲院が父の菩提を弔うため、延宝5年(1677年)に建立。
    梵鐘(世田谷区指定有形文化財)(https://goo.gl/maps/ujn9DGPhxi72):延宝7年(1679年)の作。
    招き猫伝説
    招き猫発祥の地とする説がある。井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたことを大いに喜び、後に井伊家御菩提所としたという。
    豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」と称し、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児はその眷属)を祀る「招猫殿」を置く。招猫殿の横には、願が成就したお礼として、数多くの招福猫児が奉納されている。ちなみに、招福猫児は右手を上げており、小判などを持たない素朴な白い招き猫である。
    本堂・wikipedia-photo、仏殿・wikipedia-photo、招福猫児・wikipedia-photo  (wikipedia・豪徳寺より)]

    豪徳寺仏殿 | 世田谷区」、「豪徳寺の梵鐘 | 世田谷区

    豪徳寺|世田谷区豪徳寺にある曹洞宗寺院、彦根藩井伊家の菩提寺、招き猫 猫の足あと

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「世田谷 豪徳寺」(8-46)、「大渓山豪徳禅寺解説-1・左ページ」(8- 45)、「大渓山豪徳禅寺解説-2」(8-47)、「大渓山豪徳禅寺解説-3」(8-48)

    山門 – Google Map 画像リンク」、「梵鐘 – Google Map 画像リンク」、「香炉 – Google Map 画像リンク」、「三重塔 – Google Map 画像リンク」、「仏殿 – Google Map 画像リンク」、「本堂 – Google Map 画像リンク」、「大谿山 豪徳寺 – Google Map 画像リンク」、「豪徳寺 招福殿 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北東方向が豪徳寺山門です。

    豪徳寺のストリートビューで、カメラ北北東方向が豪徳寺仏殿で、東方向に鐘楼があり、カメラ北西方向に三重塔があります。

    豪徳寺本堂前のストリートビューです。

    招福殿前のストリートビューで、招福殿左に奉納された招福猫児が祀られています。

    奉納された招福猫児前のカメラです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *